読みもの
maruri
まるり先生

イラストレーターとは?仕事内容からイラストレーターのなり方まで徹底調査!

イラストレーター とは 仕事内容

みなさんは、イラストレーターの仕事に興味がありますか?

興味はあるけど、どうやったらなれるの?

初心者からイラストレーターになるなんて大変そう

そもそもイラストレーターってどんなことしてるの?

と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそう思われているみなさんに向けて、現役のエッセイ漫画家である私「まるり先生」が、

  • イラストレーターの仕事内容から
  • イラストレーターになるまでのステップ
  • そして仕事の探し方まで

イラストレーターに関する情報をまるっとご紹介します。この記事を読み終わったあと、イラストレーターとして仕事ができそう!仕事をしてみたい!と思っていただけたら幸いです。

イラストレーターとは?

イラストレーター とは 仕事内容

イラストレーターと言ってもさまざまな分野があります。例えば、以下の分野で活躍しているイラストレーターがいます。

  • 絵本作家
  • 雑誌などの挿絵
  • 広告用のイラスト漫画
  • チラシやポスターの絵
  • ゲームや漫画の絵
  • メディアに掲載する絵

もちろんイラストレーターは全ての分野に精通している必要はありません。しかしどの分野でも、クライアント(依頼者)の要望に沿ったイラストを書く必要性があります。

クライアントの要望とマッチしてこそイラストレーターとしての仕事が生まれるということです。逆に言えば、クライアントの要望に沿ったイラストが描けないと仕事になりにくいとも言えます。

イラストレーターの仕事内容は?

イラストレーターは、クライアントの要望に沿いながら絵を描きます。絵の描き方は、デジタルとアナログ(手書き)の2つです。

納品方法はクライアントの要望によりますが、デジタルの絵をそのままデータで納品する場合や、アナログの絵をデータにして納品する場合などさまざまな方法があります。

しかし、イラストレーターの仕事内容は絵を書くだけではありません。イラストを描く前にやっておかないといけないことがあります。それは「ヒアリング」です。

「ヒアリング」というのは、クライアントの要望を聞き取ることです。このヒアリングをしっかりしておかないと、クライアントとのイメージの共有がうまくいかずクライアントに納得してもらえない作品ができあがってしまいます。

そのため、ヒアリングはイラストレーターにとって、とても大切な工程です。ヒアリングを終えると、イラストレーターは「ラフ」作成に移ります。

「ラフ」とは、先ほどおこなったヒアリングで得たイメージを具現化した簡単なイラストです。ここで再度クライアントとイメージを共有し、しっかりと修正を加えていく必要があるのです。

その後本書きに移り、細かい修正を終え、作品が完成します。つまり、イラストレーターの仕事の流れは以下のようになります。

イラストレーターの仕事の流れ
  1. ヒアリング
  2. ラフ
  3. 修正
  4. 本書き
  5. 細かい修正
  6. 完成

ここで注意したいのが、修正回数です。

クライアントとの契約時に修正回数を確認しておかなければ、要望が続き、「いつまで経っても作品が完成しない」というトラブルの原因になってしまう可能性があります。

そのため、事前にラフの段階での修正回数や本書後の修正回数などしっかりと確認しておきましょう。

また、本書き後の大幅な修正は大きな労力が必要になります。そのような場合は別途料金をいただくなど、リスクヘッジとしてトラブルになりそうなことに関しては、どのクライアントとも事前に約束しておくことをおすすめします。

イラストレーターのやりがいや魅力

イラストレーターとしての1番のやりがいは、自分の作品が世に出て、誰かに見てもらえる喜びがあることです。

時には、「すごいね」「かわいいね」「上手だね」と直接感想をもらえることもあります。そんな時、「絵を描くのは楽しいな」「褒められて嬉しい」と喜びの気持ちでいっぱいになりますよね。

より多くの人に自分の絵を見てもらうことにより、自分が絵を通して世の中に伝えたかったことや自分の世界観を知ってもらうこともできます。

イラストの中で自己表現ができる楽しさを1度味わうと忘れることはできません。

イラストレーターは在宅でもできる!

イラストレーターが仕事をする方法はいくつかあります。

  • 企業などに所属してイラストレーターをする
  • 在宅でフリーランスとしてイラストレーターをする(業務委託も含む)

イラストレーターの仕事のスタイルはこの2つが主になってきており最近では在宅でイラストレーターをする人が増えています。ただし、「在宅でイラストレーターをしたい!」となると自分の絵をたくさんの人に見てもらい自分で仕事を取りに行かなければなりません

待っているだけでは仕事がないのは当たり前のことです。在宅でイラストレーターをする人が増えている一方で「企業などに所属してイラストレーターをする」方はほとんどいません。

理由としては、そのような募集をしている企業がほとんどないためです。パートやアルバイトの仕事なら多少ありますが、あまり期待はできません。そのため、在宅でイラストレーターの仕事をしたいと考えている方は、フリーランスとして活動することを視野に入れてみてくださいね。

イラストレーターになるには

イラストレーター とは 仕事内容

イラストレーターになるといっても「初心者からイラストレーターにどうやってなるの?」と思われている方もいらっしゃるでしょう。

ここではそんな以下の疑問にお答えします!

  • イラストレーターになるための必要な知識やスキル
  • イラストレーターに向いている人
  • イラストレーターを学べるスクール
  • イラストレーターの仕事の取り方

イラストレーターに必要な知識やスキル

それではまず、イラストレーターに必要な知識やスキルをご紹介します。主に必要とされるスキルは以下の4点です。

1.絵を描くスキル

これは、イラストレーターを目指す人にとって必須のスキルですが、色々なテイストの絵を描ける必要はありません

むしろ自分のテイストをしっかりと持っている方が強みになることがあります。そのため、自分のテイストの絵の画力をどんどん磨いていきましょう。もちろん仕事の幅を広げたい方は、色々なテイストに挑戦してみてくださいね。

2.デジタル入稿ができるスキル

デジタル入稿というのは、ペンタブ・液タブ・ipadなどを使用し、お絵かきソフト(CLIP STUDIO PAINTやPhotoshopなど)で絵を描いてデジタルデータで入稿するスキルです。

まだ触った事がない方は、慣れるまでに時間がかかるため、早めに取り組むことをお勧めします

3.営業スキル

先ほども「待っているだけでは仕事がないのは当たり前」と書きましたが、イラストレーターになるためには、自分を売り込んでいく「営業スキル」が必要となってきます。

どんなに素晴らしい技術を持っていても、売り込めなければ仕事はきません。勇気を持って営業してみましょう!

4.デザインのスキル

イラストレーターはチラシ作りなどもする事があり、その際、デザインのスキルを求められることがあります。

イラストとデザインは引き剥がせないため、デザインの知識も持っておくと良いでしょう。

イラストレーターに向いている人

イラストレーターに向いているのは、絵が好きなことはもちろん、自分のテイストがしっかりある個性的な絵を描ける人です。これがイラストレーターとしての強みになっていきます。

一方で、クライアントの要望をヒアリングする能力も大切になってきます。クライアントの要望半分、自分のテイスト半分でも苦にならない人は、イラストレーターに向いていると言えます。

また、形にならないものを形にしなければいけないというプレッシャーも大きいため、そのプレッシャーに耐えられる方もイラストレーターに向いているでしょう。

イラストを学べるスクール

独学でもイラストレーターになることはできますが、先ほども書いたように、デザインの知識があると仕事の幅が広がることがあります。

また、イラストをしっかりと基礎から学びたい方におすすめのスクールや講座をいくつかご紹介します。

1.ヒューマンアカデミー「イラスト・キャラクターデザイン講座」

ヒューマンアカデミー「イラスト・キャラクターデザイン講座」

ヒューマンアカデミー「イラスト・キャラクターデザイン講座」では、 目標にあわせてさまざまな講座を組み合わせて受講できます。

第一線で活躍するイラストレーターから個別サポートを受けられるので、自信が無い方でも着実にスキルを身につけられるのがメリットです。

校舎は全国に16カ所あり、通学は週1からとなっています。開講日は平日夜と土日なので、社会人の方でも通いやすいです。通学ではなく、通信講座を選ぶこともできます。

2.たのまな「イラストマスターコース」

たのまな「イラストマスターコース」

たのまなの「イラストマスターコース」は、最短2ヶ月でスキルを身につけられる通信講座です。

イラスト制作のスキルはもちろん、仕事の獲得方法や確定申告の方法など、イラストレーターとして活動する上で欠かせないノウハウも身につけられます。

3.ユーキャン「デジタルイラスト講座」

ユーキャン「デジタルイラスト講座」

ユーキャンの「デジタルイラスト講座」を受講すると、ペンタブを使って鮮やかなデジタルイラストを描けるようになります。

デジタルイラストの基礎から応用まで網羅できるのにもかかわらず、月額2,980円とお手頃な価格で受講できるのが嬉しいです。

サイト内では、あなたがデジタルイラスト講座に向いているかをチェックできる相性診断を行えます。気になる方は一度試してみてください。

4.Palmie(パルミー)

Palmie(パルミー)

全200以上の講座が月額定額制で見放題となっている「Palmie(パルミー)」。

キャラポーズ講座や背景講座・イラスト仕上げ加工講座など、自身が勉強したい講座を自由に選べます。講座数が200以上と多いので、「まさにこれを探してた!」という内容を見つけるのも簡単です。

7日間の無料お試し期間があるので、 まずは気軽に登録してみて、合わなそうであれば期間内に退会する、という形がベストだと思います。

5.アミューズメントメディア総合学院

アミューズメント総合学院
アミューズメントメディア総合学院 でイラストを学ぶ場合は、「マンガイラスト学科」「キャラクターデザイン学科」のいずれかを選択することになります。

どちらも2年制で週5日登校となるので、がっつりイラストを勉強したい方におすすめです。

卒業後にはプロのイラストレーターとして活躍できるでしょう。 漫画やイラスト制作で食べていく志がある方は、ぜひ一度資料を取り寄せてみてください。

イラストを学べるスクールについてより詳しくは「有名イラストレーターになりたい人必見!おすすめの専門学校・講座15選」の記事をご参考ください。現役イラストレーターが、おすすめスクールを厳選して紹介しています。

イラストレーターの仕事を得るためには?

イラストレーター とは 仕事内容

それでは、イラストレーターの仕事を得るためにはどうしたら良いのでしょうか?

イラストレーターの方が実際に利用しているサービスをご紹介します。

クラウドソーシングに登録して提案する

クラウドソーシングというのは、仕事を頼みたい企業や個人が、インターネット通して仕事を求めている人々に仕事を依頼したり募集したりするWEB上のサービスのことです。

これらのサービスを利用することで、イラストを求めている人に自分の作品をアピールする事ができます。

サービスには、自分の作品を出して連絡を待つタイプと、自分からどんどん提案していくタイプのものがあります。自分に合うタイプのサービスを探してみてくださいね。

では、人気のサービスをいくつかご紹介します。

1.ココナラ

ココナラ

国内最大級のスキルマーケット「ココナラ」。登録者数は200万人を越えています。利用者が多い分、自身のイラストを見てもらえる可能性も高いです。

外部への誘導が禁止なので、ココナラのみでの付き合いになってしまう点は残念ですが、イラストレーター初心者の方がイラストで稼ぐ経験をするのには向いています。

2.SKIMA

SKIMA

SKIMAでは、イラスト制作の依頼を受けるだけでなく、自身で制作したキャラクターをそのまま販売できます。

依頼者の要望を聞いてイラストを描くのではなく、自身が描いた好きなイラストを購入してもらえるのは貴重な体験です。キャラクター制作・販売に興味のある方は登録をおすすめします。

ただし、手数料は22%と高めです。販売価格を高めに設定しないと利益が残りづらいので注意してください。

3.Skillots(スキロッツ)

skillots

Skillots(スキロッツ)は、イラスト制作のスペシャリストと依頼者をつなぐサービスです。

登録には審査が必要で、審査に通過した人のみがサービスを利用できます。ハードルが高いので、イラストレーターの仕事に慣れてきたら登録すると良いでしょう。

登録後はすべてのやりとりをSkillots(スキロッツ)が仲介してくれるため、トラブルは生じづらいです。

4.TANOMUNO(タノムノ)

タノムノ tanomuno

TANOMUNO(タノムノ)は、手数料無料でイラストを出品できるサービスです。手数料がかからないので、利益を得やすいのが嬉しいですね。

また、TANOMUNO(タノムノ)他のサービスとは違い、外部への誘導が自由なので、依頼者と長い付き合いを続けていくことも可能です。

注意点として、金銭のやり取りをはじめとした契約の取り決めはすべて自己責任で行うことになっています。トラブルを避けるためには、入念な事前準備が欠かせません。

5.ランサーズ

ランサーズ

ランサーズでは、自身が挑戦したい案件を選んで応募することができます。

プロフィールを充実させてイラスト制作の依頼を待つだけでなく、自身で行動を起こせるのでチャンスを掴みやすいです。難しい案件に挑戦すればスキルアップにもつながります。

SNSで発信したり、ポートフォリオを作る

仕事を得るためには、InstagramやtwitterなどのSNSで自分のイラストを発信しておくことも必要となってきます。自分がどんな絵を描くのか多くの人に知ってもらうことで仕事へのチャンスへとつながる可能性があります。

また、自分のできることやスキルを一つのポートフォリオにまとめておくことも大切です。営業する際、ポートフォリオがないのとあるのでは、クライアントからの反応が雲泥の差です。

時間はかかりますが、自分の作品を溜めていき、SNSに発信したり、ポートフォリオにまとめて営業できるようにしましょう。その作品に目を止めたクライアントから仕事をもらえるかもしれません。

知り合いや友だち関係から

イラストレーターの友人に「どこで仕事をもらっているの?」と聞くと、ほとんどの人が「知り合いからもらってるよ」と答えます。もちろん先ほど紹介したサービスで仕事をもらっている人もいます。

そうは言っても、半数以上の人が知り合いから仕事をもらっているという事実から、人脈の重要性や、周りの人に自分がしている活動を知ってもらうことの大切さを感じます。

知り合いに知られるなんて「恥ずかしい」と思われる方もいらっしゃると思いますが、ここは勇気を持ってアピールしていきましょう!これも営業の一環です。

また、イラストレーターやフリーランスで活動している人たちの集まりを見つけてどんどん顔を出していくこともおすすめします。このように営業といっても、色々な形があるのです。

初心者からでもイラストレーターになれる!

イラストレーター とは 仕事内容

今回は、イラストレーターの仕事内容やイラストレーターのなりかたまでを紹介しました。これからイラストレーターを目指されるみなさんの参考になる情報は見つかりましたか?

「本当にイラストレーターになれるのかな?」と思われてるかたもまだいらっしゃると思いますが、結論から言うと、初心者からでもイラストレーターになれます!

今のあなたの不安な背中をそっと押してあげてみてください。勇気を持って飛び込んでみましょう。まずはスクールに通うという選択肢でも良いと思います。

今回の内容を参考にしながら、まずは行動してみてください。その先に、まだ見ぬ新しい世界が広がっているはずですよ。

書いた人

maruri
まるり先生

保育系ぬくぬくマルチクリエイターとして活動中です。
イラスト・写真撮影・ライティングを主に仕事としています。
「作品を見てくれた人をぬくぬくでつつみたい」をモットーに、ほっこり可愛らしい作品を作り出していきます。