ライドレックス

4
いいね
5
出品サービス
6
イラスト投稿

イラストレーター/3Dキャラモデラー/キンドルライター★ ゲームキャラクターデザイン、ファンタジーRPGイラスト、美少女イラストが得意。 VTuber用三面図、MMD動画制作、3Dキャラクター制作などお気軽にご相談ください。 VRoidモデル制作、MMDモデル制作、フルスクラッチモデル制作を受付中。

ライドレックスさんの紹介文

イラストレーター/3Dキャラモデラー/キンドルライター/🇯🇵
キャラクターデザイン(三面図)、一枚絵、3Dキャラモデル制作のご依頼を受付中。
下記の見積もりフォームまたはメールでご連絡ください。
📨連絡先riderex@gmx.com

【BOOTH】3Dキャラモデル配布中
https://riderex.booth.pm
【VRoidHub】3Dモデル共有
https://hub...
すべて読む

出品しているイラストサービス

ライドレックスさんのポートフォリオ

よくある質問

個人でも依頼できますか?

はい。個人依頼歓迎します。あなた自身の3Dアバターを作ってみませんか?そのモデルを使ってVTuberになってみたり、VRoidHub対応ゲームで遊んだり、MMDダンス動画を作ることができます。

動画や同人ゲーム内で使用する際にクレジット表示はどうしたら良いですか?

クレジット欄(説明欄、奥付、エンディング画面など)に、 「Illustration by ライドレックス」 「Illustration by RIDEREX」(英語) と表示してください。 3Dモデルの場合は、 「Model: ○○ by ライドレックス」 「Model: ○○ by RIDEREX」(英語) ○○はキャラクター名です。 二次創作キャラモデルの場合は、 「Model: RIDEREX式 ○○」 「Model: RIDEREX style ○○」(英語) ○○はキャラクター名です。 著作権譲渡の場合は表示する必要はありません。

著作権買取は可能ですか

はい。著作権の譲り渡し可能です。その場合でも著作者人格権は作者に残るので、作品実績として作者のウェブサイトやイラスト集に納品した作品が掲載される場合があることをご了承ください。作品実績に載せてほしくない場合はご依頼時にお知らせいただけたら対応できる場合もあります。

納品されたイラストの改変、改造はできますか

基本的には納品したそのままの状態でご利用ください。大きな改変は禁止しています。三面図をLive2Dや3D化してVTuberにしたりMMDモデルにする場合はどうしても細かい部分や立体的に隠れて見えない洋服の内側などを調整する必要があります。そういった細部の追加調整は行って構いません。著作権譲渡オプションを購入された場合は、ご自由に改変可能です。これは私の場合であり、著作権法上では同一性保持権という権利があって、著作権を購入したからといって作者に無断で改変することはできないのが常識です。私の場合は著作権を買取された場合は、その後のカスタムについて口出し致しません。私に確認せずとも自動で改変許可を出すとお考えいただければと思います。

イラストを立体化してMMDで踊らせたい場合、マイクや背景、衣装などを追加できますか

マイクや背景などはご自由に追加してください。衣装を変更する場合は別途こちらに発注してください。著作権譲渡で購入された場合はご自身で改変したり、他のデザイナーに頼むなどして、ご自由に改変可能です。これは私の場合であり、著作権法上では同一性保持権という権利があって、著作権を購入したからといって作者に無断で改変することはできないのが常識です。私の場合は著作権を買取された場合は、その後のカスタムについて口出し致しません。私に確認せずとも自動で改変許可を出すとお考えいただければと思います。 3Dモデル制作も受付け開始しましたので、キャラデザ三面図のみではなく、3Dモデル制作を私に発注していただいたほうが画風が統一できると思います。

商用利用は可能ですか

商用利用権をご購入された場合は可能です。 【具体例】 動画投稿サイトやSNSにイラストや3Dモデルを表示して収益化するケース。ゲームソフト、アニメ作品、VTuberとして使用するケース。イラストをフィギア(3Dモデル化含む)やステッカー、Tシャツ等にして売るケース。これらは商用利用権をご購入された場合は可能です。★ただし、個人による同人ゲーム、同人誌、同人アニメへの利用、キャラグッズ販売、個人でのVTuber活動によるユーチューブ広告収益化については商用には含めないので商用利用権を購入せずに収益化できます。個人であっても芸能事務所やVTuber事務所に所属している人で、それら芸能活動に利用する場合は商用扱いとさせていただきます。

個人開発で同人ゲームや同人アニメを作ります。どこまでが同人扱いでどこから商用ですか

基本的に企業法人様からのご依頼の場合を商用と判断しています。具体的にはプレイステーションや任天堂のゲーム機で発売するソフトに利用する場合は商用に当たります。アニメの場合は一般劇場公開するような劇場アニメ、テレビ放送されるテレビアニメ、全国のビデオショップで販売されるOVAなどが商用に当たります。個人開発同人ゲームや同人アニメの場合は、DLsiteやSteam、GooglePlay、App Storeのようなサイトからダウンロード販売する場合において非商用を適用します。ユーチューブ投稿により広告収益を得たり、スーパーチャットを得たり、メンバー会員へ限定公開して会費を得る行為も非商用です。★ただし、個人開発であってもプレイステーションなど大手ゲーム機メーカーのソフトとして発売する場合や円盤(ブルーレイソフト等)で市販流通するようなソフトの場合は商用扱いとさせていただきます。同様に個人制作であっても劇場アニメやテレビ放送用アニメ、市販流通販売(DVDやフィギュアなど)に利用する場合は商用扱いになります。同人即売会で配布するような手作りDVDソフトやパソコンゲームソフトの場合は非商用扱いです。 そこで区切る理由としてはソフトの売り上げが個人と企業では数千倍~数万倍も異なるからです。

その他の支払い方法はどんな方法がありますか

日本円の銀行振込以外のお支払方法としては、暗号通貨のイーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)、ステラ(XLM)でのお支払いを受付けます。

VRoidで制作して欲しいのですが、キャラの衣装とアイテムを部分的にブレンダーで作ってもらう場合は料金はどうなりますか

素体をVRoidで作る場合はVRoid料金です。帽子やバッグといったそのキャラに必要な衣装をブレンダーで作る場合でも、キャラと一体であれば追加料金はかかりません。キャラの着替えアイテムとして別のデザインの衣装やアイテムを作る場合、それぞれのアイテム一つにつきオプション料金がかかります。帽子やバッグが複数欲しいからといって、一度に複数の帽子やバッグをキャラに持たせたデザインを発注された場合は、追加料金となる可能性があります。

四足歩行の動物やカニや昆虫のような形のモンスターを作って欲しいのですが、VRoidで作れますか

VRoidは人型のモデルしか作ることができません。モンスターや四足歩行のキャラクターを作る場合はBlenderで作ることになります。料金が高額になってしまいますが安く済ませる方法もあります。デフォルメされた小さな生き物や三頭身キャラといったものならVRoid制作料金とさほど変わらない料金で可能です。大型モンスターであっても、リギング無しでモデリングだけお引き受けすることによってリギング代金の部分を値引きすることも可能です。作りたいキャラクターの詳細をお知らせください。FFに出て来るような召喚獣やモンスターハンターに出て来るような巨大怪獣を予定しているのであれば、割引とは反対に更に追加料金が必要となる可能性もあります。デザイン次第です。三面図を提示していただければ見積もりを出します。

ライドレックスさんへの、お問い合わせ/お見積り/相談

依頼の流れ

ライドレックスさんへのダイレクトメッセージ

イラスト、3Dキャラモデル制作についてのご希望、ご相談はこちらからお問い合せください。内容を確認したのち、返信させていただきます。

お名前
必須
メールアドレス
必須
メールアドレス(確認用)
必須
お問い合わせ内容
必須

こちらのお問い合わせは、
直接クリエイターさんに届きます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.