掲載して頂ける絵描きさんを募集しています!

イラスト売上を増やしたい個人イラストレーターのためのSNS運用

タノムノでは、イラスト依頼を個人で請け負っているイラストレーターさんの、

  • イラスト制作の売上を増やしたい!
  • ちょこちょこ依頼してもらえるようになったから、もっと依頼を増やしたい!

という悩みを解決する、売上を増やすためのSNS運用方法をお伝えします。

今回はTwiiterを取り上げます。

売上を増やすには方程式がある

SNS運用の前に「売上はどんな要素で構成されているか」について説明します。
物やサービスを売る場合において、売上の構造はほとんど同じです。
この構造をシンプルに表すと、次のような方程式にできます。

売上 = 依頼数 x 単価 x リピート

つまり、売上を上げるには、

  • 依頼を増やす
  • 単価をあげる
  • 再度依頼してもらう

いずれかの方法に取り組むことになります。

単価が小さくても依頼数が多ければ、売上はアップできます。
依頼数が小さくても単価が高ければ、売上はアップできます。

イラスト制作は、基本的に単発の依頼が多いですよね。
定期的な依頼を受けるのは、稀なケースではないでしょうか。

なので、今回は「依頼数を増やす」ためのSNS運用方法を考えてみましょう。

集客から依頼までには段階がある

忘れがちですが大事なこと。
それは、お客さんが依頼してくれるまでには、段階があるということです。

お客さんの段階を図解してみるとこうなります。

クラウドソーシングなどに登録するだけでは、なかなかお客さんになってもらえません。なぜならアナタという人が認知されていないから。
「どんなイラストが描けるのか」「どんな価値観を持ち、何を大事にしているのか」を知ってもらう必要があります。

そこで、SNS運用(twitter)を活用しましょう。

活動を伝える

多くのイラストレーターさんがtwitterをやっていますが、うまく集客に活かしている方は少ないように思います。

もちろん、twitterでつぶやく内容は自由。

ですが、少しでも集客に活かしたいのであれば、
「この人に依頼したら良いモノを作ってくれそう」
という発信内容を多くしていく必要があります。

例えば、

  • 制作途中のアイデアラフ
  • お客さんへの提案内容
  • イラスト話題以外の、人が得する情報

など。
制作した数がまだ少ない、という場合でもアイデアラフやお客さんへヒアリングした内容・提案内容は発信できます。
すると、「この人はこんな風に依頼に対応してくれる。であれば信頼できそうだ」と思ってもらうことができます。

もちろん、発信するときは依頼者の許可をとってくださいね。

フォロー・フォロワークラスタを変える

ご自身のフォロー・フォロワーをみてみてください。
イラストクラスタばかりをフォローしてませんか?
フォロワーにイラストクラスタが多くないですか?

イラスト制作売上アップを目的としてtwitterを活用しようとしているのに、フォロー・フォロワーがイラストレーター・絵師ばかりではツイッター活用はできません。

ツイッターで集客を増やしたいのであれば、フォロー・フォロワーするクラスタを新たに変えてみましょう。

・どんな人に対して、どんな風に活動を伝えれば依頼してもらえると思いますか?
・イラストを必要としているのは、どんな人だと思いますか?

考えてみてください!

それでは。今回はこのへんで。