掲載して頂ける絵描きさんを募集しています!

イラスト集客・依頼されやすくなる個人ブランディングのコツ

イラストの仕事が欲しい!
できれば定期的な依頼があると良いなぁ・・・。

そんな時、営業の経験がないと新しいお客さんを開拓するのは、なかなか勇気が必要ですよね。
でも、営業の経験がなくても、集客できる方法があるって知っていますか?

それは、自分をブランディングすること。

モノやサービスを売るのに必要なのが、マーケティング。
マーケティングとは、売る行動をしなくてもモノがどんどん売れる仕組みのこと。
そのマーケティング手法のひとつが、ブランディングです。

集客に悩む方は、ぜひ試してみてください!

イラストレーターがブランディングするメリット

ブランディングをしていると、とってもいいことがあります!

  • 認知度UP
  • 一度会っただけで覚えてもらえる
  • 低レベルの争いをしなくていい(価格競争に巻き込まれない)
  • 何度も会いたくなる(リピートしてもらえる)

つまり、ブランディングをしっかりしておけば、
「一度で覚えて貰えて価格競争にも巻き込まれず、あなただからこの仕事をお願いしたい」
という関係をお客さんと結びやすくなるんです。

イメージしやすいように、「自分ブランディング」を恋愛に置き換えてお伝えしていきます。
あなたの仕事に置き換えて読んでみてくださいね!

ターゲットを決める

イラストレーターのブランディングターゲット
まずはじめに、どんな相手にアプローチしたいか(ターゲット)を決めます。
具体的には、「自分がモテたい相手」か「自分がモテる相手」をターゲットにしましょう。

たとえば、

理想:モテたい相手
ちょっと自意識過剰な美意識高めの年上外資系営業マン

現実:モテる相手
寡黙でコツコツ努力する年下WEBデザイナー

この2つのターゲットでは、あなたが取るべき戦略は全く違います。
今の自分のまま恋愛をしたいなら「モテる相手」をターゲットに戦略を立てるべきですが、
どうしても「モテたい相手」をターゲットにしたいなら、今の自分から路線を変更しないといけません。

これは、仕事で取引する相手を決めるときも一緒です。
まず自分は

・どんな相手から仕事を貰いやすいのか
・理想はどんな相手と仕事がしたいのか

を決める必要があります。

ここからは、自分がモテる相手に対してブランディングしていく、と仮定してお伝えしますね。

自分のモテ傾向をつかむ

イラストレーターのブランディング戦略

今までに、「どんな人に好かれたか」を整理してみましょう。

・次男
・O型
・野心家
・とにかく優しい
・貯金がまったくないタイプ

など共通点がでてきませんか?それがあなたのモテ傾向です。

仕事であれば、今までどんな人から自分の仕事をほめられたかな?と置き換えてみてくださいね。

あなたが、過去にモテた人から言われた言葉を思い出してみましょう。
「やさしそう、元気がもらえる、頭がいいね」など共通して言われた言葉はありませんか?
それがあなたのブランドイメージです。

そのブランドイメージが相手の好みとマッチしたから、その人からモテたということです。

・次男だった⇒いつもお兄ちゃんと比べられて兄弟コンプレックスがあった⇒やさしそうなあなたに甘えたい
・野心家⇒人から羨ましがられるのが心地いい⇒頭がいい会話ができるあなたを周りに自慢したい
・とにかく優しい⇒実はとても傷つきやすい性格⇒元気なあなたがいてくれると癒される

というわけです。

仕事ではどんな言葉をよく言われるのか、分析してみてください。
「あなたのブランドイメージ」と「取引している相手の傾向」がマッチしている場合が多いですよ。

モテる市場にでかけよう!

イラストレーターのブランディングー市場へ
自分のモテ傾向が分かったら、モテる市場に出かけましょう。
例えば、あなたが「やさしい、元気、頭がいい」というモテポイントを持っているなら、一番モテるコミュニティヘ積極的に出かけてください。

「やさしい、元気、頭がいい」あなたがモテる場所といえば、合コンやお見合いパーティでしょうか?

例えば、やさしさと元気がアピールできるなら、ボランティア活動。
例えば、頭のよさとやさしさがアピールできるなら,セミナーなどの勉強会。

こんな場所の方が具体的にモテるイメージがわきますよね。

仕事に置き換えると「おいしそうなイラストがとくに上手ですね」とよく言われるなら、フードギフトショーや小さな食品展覧会に行ってリサーチ・お話をしてみるなど、してみるといいかと思います。

自分とはこんな人!と情報発信をしよう

「やさしい、元気、頭がいい」を伝えるために、見た目からも情報を発信しましょう。
やさしい⇒シフォンのブラウス
元気⇒ジーンズ+スニーカー
頭がいい⇒小物を知る人ぞ知るものを持ってみる

などイメージに沿ったものを身につけてみましょう。

さらに、発言や態度も「やさしい、元気、頭がいい」を意識する必要があります。
相手を気遣う言葉や、元気な笑顔、質問力が高いなどブランドイメージを意識してみましょう。

仕事で食品のイラストが得意という部分をウリにするなら、最近のはやりのスイーツやお店をよく知っていると「あの食べ物イラストの人」というイメージがつきやすくなります。

まとめ:ブランディングで勝ちパターンを作ろう!

  1. モテたい相手orモテる相手にターゲットを定める
  2. 自分のモテ傾向をつかむ
  3. 自分を分析してみる
  4. ターゲットと出会えそうな場所に出かける
  5. ブランディングに沿った情報発信をする

ブランディングをしっかりしておけば、イラスト依頼がくる確率も上がります。
ただ、サイトに掲載しているだけでは、なかなか依頼は来ないですからね。。

イラスト依頼が殺到しているイラストレーターさんは、ほとんどの方が意識・無意識に関わらずブランディングをしています。
ぜひ、ブランディングからはじめてみてください!

あなたにオススメの記事はコレ
売上を増やしたいクリエイターのためのSNS運用

writter:yuca

営業マーケティング職を8年経験したのち、会計コンサル会社ではたらくワーキングマザー。女性のはたらき方・スキルアップを軸にブログ更新中です。大阪人に見えない生粋の大阪人とよく言われます。Twitter / ブログ